東御こころの向き合いネット

困った時の相談窓口

【連載】心のラジオ、COCOらじ 《Vol.20夏号》

  • 今回は、「人生の坂道とグルービング工法」についてお話します。車で山道を走ると時々、道路の路面から「ガタガタ音」が聴こえる瞬間があります。これは、カーブや凍結しやすい橋の上・山間部などにおいて、車のスリップの危険性などを防止するために路面に刻まれた溝(グルービング工法)によって生じる音ですが、ドライバ側からみると決して気持ち良い音ではありません。しかし、快適ではない音や振動の原因がドライバの安全を守ってくれる仕掛けだったことは、興味深いものです。

     人生においても「ガタガタ音」が聴こえる瞬間があります。叶えたい夢に向かって一所懸命に働き、幸せな人生を求めて精いっぱい生きるが、その道のりで突然聞こえてくる「ガタガタ音」。その異音が聴こえると、人の心は不安となり、焦りを感じながら一刻も早く異音や振動から脱出しようと人生のスピードを上げたりします。しかし、異音が聴こえた時は、人生のスピードを上げるより、スピードを落として自分と周りを丁寧に観察しなければならない時期です。その音は、もしかすると人生の坂道で予測できない大事故を防いでくれる人生のグルービング工法であるかもしれないからです。人生が何をやっても思い通りにうまくいかない時、その音が意味するものやその振動の教訓を探りながら、いつも以上に丁寧に生きなければならないのです。

    音の意味に気づくためには、自分の内面から響かれる声に関心を持って耳を傾けることが必要です。"今、進んでいるこの道は正しいのか、何のためにこの道を選んで走っているのか"などの心の音に寄り添いながら生きることで、人生の坂道で滑って大事故に会うことを防ぐことができます。

    "最近、何をやっても思い通りにうまくいかない"のような異音が聴こえるならば、焦って力任せで生きるスピードを上げるより、落ち着いて減速しながら"この道は、本当に私が通りたい道なのか、誰かよりは早く成功というゴールにたどり着くために焦りと不安で選んだ道なのか"など、自分に問いかける余裕を持ちましょう。多くの人が「人生は、レースではなく旅である」と、言ったりしますが、本当にその通りだと思います。人生はスピード(成功)よりも方向性(目的)に、広さ(影響力)よりも深さ(悟り)に意味があること。人生における「カタカタ音」は、それを教えてくれる人生の羅針盤なのです。

    次回では、「人生の宝石-ダイヤモンドと真珠の物語」についてお話します。

  • 東御市
  • 身体教育医学研究所
  • 長野県精神保険福祉センター
  • みんなのメンタルヘルス
  • こころの耳
  • こころもメンテしよう
  • 自殺予防対策センター
  • 国立精神・神経医療センター
  • かえるかわる

困った時の相談窓口